外壁 塗装 料金

外壁・屋根の塗装料金が安い業者を簡単に見つける方法

外壁 塗装 料金

外壁塗装 料金

外壁 塗装料金

外壁 塗装費用

外壁塗装 料金 相場

 

見た目にも傷みが見え始めるのが築10年くらいの物件です。
雨だれ、汚れ、コケ、ヒビなど修理したいとは思っても費用が高額なのでまだまだいいかな・・・と先送りにしがちです。

 

でも、外壁塗装の本当の目的は劣化したコーキングの塗り替えなのです。

 

コーキングは壁と壁の隙間などを密着させて雨などが入らないようにしています。
コーキングは長年雨風にさらされると次第に劣化してはがれやすくなります。ここから雨が入り雨漏りの原因となります。
壁にしみ込んだ雨により、カビや腐食が起きるのです。家の中に害が及ばないようにするためにも外壁塗装をしなければならないのです。

 

では実際、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

家1軒におおよそ100万円の費用がかかると言われています。でも実際は、床面積や物件の種類、塗料の種類などによりそれぞれ差があります。
単純に面積だけで相場がわかるわけではありません。

 

そして、外壁塗装の1番の問題が優良な塗装会社を探すことです。
飛び込み営業で不安をあおっていますぐ契約を迫る悪徳な業者もいます。ポスティングされた外壁塗装のチラシを見ても信用していいのか迷いますね。

 

そんな方におすすめなのが、外壁塗装・屋根塗装の優良業者を紹介するサービスです。
こちらで紹介される塗装業者は、厳しい基準をクリアしたところだけです。第3者の目で悪徳な業者を排除されていますので、安心して依頼することが出来ます。

 

ますは見積もりを取ってみませんか?

 

外壁 塗装 価格

 

 

外壁塗装はまだしなくても大丈夫?

 

外壁塗装不要?

 

外壁塗装は結構大きな金額のお金がかかるので、10年に一度はやったほうがいいと言われても実に億劫ですよね。
まだ大丈夫、ウチの外壁はそんなに汚れていないからしなくても平気そう。
そう思ってしまいます。

 

しかし外壁塗装の本当の目的は汚れを落とすことではありません。

 

外壁のヒビやコーキングの劣化を放置すると、雨漏りする危険があるのです。
雨漏りは実に厄介で、湿気で木材が腐ったりカビが発生したり、家をゆがめる原因となります。
つまり長年外壁塗装をせずに放置すると、家の中まで傷んでしまうのです。

 

車でも1〜2年に1回メンテナンスが必要なように、家も10年に1回メンテナンスする必要があるのです。

 

 

 

外壁塗装の塗料ってどんなものがあるの?

外壁塗装の値段というのは、使用する塗料によっても変わります。
塗料なんてどれでも同じでは・・・と思うかもしれませんが、耐久性や弾性、耐熱性、防カビ性、防藻性などさまざまな特徴があります。

 

外壁塗装では、アクリル系塗料・ウレタン系塗料・シリコン系塗料・フッ素系塗料が一般的です。
その他にも光触媒・無機塗料・ガイナ(遮熱・断熱塗料)などがあります。
さらに比較的新しい塗料、ラジカル塗料も人気です。

 

こんなに種類があると、私たち素人では塗料選びだけも難しいですね。

 

アクリル系塗料 5〜8年       1,000〜円 安価で使いやすいが耐久生が低い
ウレタン系塗料 7〜10年     15000円(1坪) 柔らかい・木の部分や雨どいに
シリコン系塗料 10〜15年        16000円(1坪) 耐久性、コストとバランスが良い
フッ素系塗料  15〜20年       22000円(1坪) 耐久性がシリコンよりすぐれている
光触媒・無機塗料 15〜20年    5,000〜5,500円 耐久性が良いが高い
遮熱・断熱塗料(ガイナ)15〜20年   5,000〜5,500円 耐久性や断熱性が良いが高い
ラジカル塗料  14〜16年        17000円(1坪)家を傷めるラジカルの発生を抑える効果と防汚性が高い 知名度がまだ低い 

 

このように、耐久性とお値段は比例します。
安い塗料は魅力的ではありますが、耐久性もあまり良くないので次の外壁塗装までの日数が短いため返って不経済かもしれません。
現在、外壁塗装で一番使われている塗料は、シリコン系塗料なのだそうです。

 

耐久性と価格のバランス、つまりコストパフォーマンスに優れているため、塗料選びに迷ったらこちらがオススメです。
さらにシリコン系塗料には、水溶性と油性(1型と2型)があります。
耐久性は油性が良いのですが、シンナーを使用するため家が密集していると作業中に苦情が出たりするのと、費用が高いということもあります。
というわけで家の密集度や価格と相談して決めると良いかと思います。

 

2015年に出たばかりのラジカル塗料はまだまだ実績が少ないため、扱っていない塗装業者もあります。
こちらを希望の際は、見積もりの際に必ず伝えておきましょう。

 

 

 

外壁塗装の色を選ぶ方法

外壁塗装をするなら、新しい色に変えてみたいと思いませんか?
でも費用が高額なので、もし失敗したら怖い・・・。

 

外壁塗装の色選びで注意しなければならないことがいくつかあります。これを知っているか知らないかで、失敗するリスクが減りますよ。

 

・色見本の大きさ:外壁塗装の色見本は小さいので、実際の壁に塗った時は色が違ってみえます。
色は小さい面積で見た時より、面積が大きいほうが薄く見えます。
自分が希望した色を実際に塗ってみると思っていたよりも色が薄いので選んだ色と違うと勘違いする方もいますのでご注意ください。
さらに屋内の蛍光灯やLED照明の元で見た色と、太陽光の元で見た色も違って見えます。
色を決める時は、実際の壁に照らし合わせるなど慎重に行うと仕上がりのイメージがまとまります。

 

・屋根とのバランス:外壁の色にばかり気を取られてはいけません。ちょっと下がって屋根とのバランスも見ましょう。多くの方が足場を組んだついでに屋根の塗装も行います。
屋根の色と外壁の色が違いすぎてアンバランスになっていないかも確認しておきましょう。

 

・周囲とのバランス:変な話ですが、最近は個人宅ではありますが町全体をイメージして作られていることもあります。その中で自分だけピンクの家にすると目立ちます。
本当にこの色でいいのか、塗る前にしっかり家族と相談しましょう。

 

・色を使いすぎない:せっかく塗り替えをするのだからと、あそこはこの色、ここはこの色と細かくしたくなる人もいらっしゃいます。が、仕上がってみると継ぎはぎのような印象になってしまうことも。色は3色くらいまでにして、バランスを考えておきましょう。

 

 

このように、色を選ぶにもポイントがあります。
塗装が終わって、足場が外れてから「こんな色が希望ではなかった!」などということがないようにしたいですね。

 

 

 

最近人気のラジカル塗料について

外壁塗装に欠かせない塗料ですが、いろいろなものがあります。
価格のバランスと耐久性を兼ね備えた塗料としては、シリコン塗料が長年不動の人気ナンバーワンだったのです。

 

しかし2015年に発売された新塗料、それがラジカル塗料です。

 

ラジカル塗料は高緻密無機シールド層で、紫外線や酸素、雨による劣化を防ぐ新塗料なのです。
耐久性がフッ素塗料なみの15年前後あるにもかかわらず、価格がシリコン塗料とさほど変わらないという点で人気急上昇中の素材です。

 

塗料メーカーも良い塗料を開発しようと切磋琢磨しています。
そんな中で外壁塗装に適した新しい塗料が発売されたのです。そしてそれが約10年ぶりということですから、どれだけ期待が高いかわかりますね。

 

しかしまだ新しい塗料であるためすべての塗装業者に浸透しているかは不明です。
メーカーも2つくらいしか出ていませんので、扱いが無い塗装業者もあるかもしれません。

 

ラジカル塗料を使いたいとお考えでしたら、早めに問い合わせておくと安心ですね。